ともよしサブブログ|自分だけのために書く手抜きブログ

メインブログで書きにくいこと、(気楽に)書きます。考え。日記。手は抜く。雑に。

【固定】サブブログの基本方針、作った動機

サブブログを作った動機

  • メインブログの編集画面を開くと力が入りすぎることがある。プレッシャー等のないサブブログが欲しかった。
  • クオリティや読者を気にせず、書くことを純粋に楽しみたい
  • ブログをもっともっと楽しむために


方針

  • クオリティ等のハードル0で何も気にせず書く
  • 文字数も、1日の投稿数も、内容も、なんでもOK
  • 収益化は絶対しない、収益のことは考えない
  • PVも考えない


みんなへ

  • ストレスフリーのサブブログ、いいですよ
  • ぜひ作ってみてください

今日は座らず、電車でせなか広告を見せつけてやる

どうも皆さんこんにちは。音声入力でお送りします。今日は、カバンを買いに行きます。せなか広告の木のカバンは、ものが多くは入らないので、一緒に持つ2つ目のかばんを探しに行こうと思います。そのために、名古屋の栄に行こうと思うんですが、電車に乗ります。昨日は恥ずかしくて座ってしまいましたが、今日はなるべく立っていようと思います。まぁ邪魔そうなら座ります。2つ目のカバンは何がいいんでしょうか。Messengerバックがいいんですかね。まぁとにかく、せなか広告を見せつつ、カバンを探しに行ってきます。行ってきます。

研究が進まなくて焦るというのなら

就活中で、心境を文章化することを控えています。

でもそれも疲れてきますね。

ずっと書いて大きくなってきたから、もうなんか書かないと思考が進まない時がある。

書こう。


もうすぐ就活が終わるかもしれない。

けど、続くかもしれない。続けるかもしれない。


研究が進まなくて焦るというなら、逆に言えば、研究を進めておけば落ち着いて就活ができるわけで。

その発送はなかった。発想。


P.S.

amazonで頼んだのに、発送がありませんでしたなんて言われたら、悲しいですね。

書くと落ち着く。これは話すと落ち着くのと一緒ですね。

書くと落ち着く。

自分の考えが、まず出る。そして自然とまとまっていく。だからいい。


まず、自分の考えを出すというのが大事なんですよね。

だから悩んでるひとは、書くか話すか、なにかしらで自分の考えをアウトプットするのが有効です。

紙に書く、メモ(電子媒体)に打ち込む、人に話す、人形に話す。このへんがおすすめです。


カウンセラーと話すと、前進しますよね。いろいろ。

これはカウンセラーがいいアドバイスをしてうんぬん、というおかげと思われがちですが、カウンセラーは言葉を引き出しているだけです。引き出すのがうまい。
(違ったらごめんなさい)

答えは、悩んでる人側にすでに存在しているのです。

それを、引き出せば良いのです。


てな感じで、引き出されるというか、出すことは大事。だから書きましょう。話しましょう。

就活と心の状態

就活のことを考えて、心が不安定になってる。

就活中か否かという情報さえも、ネットにさらさないでいたけど、もういいや。就活中です。
(よく見てるひとは分かってたとは思うけど)


「はやく終わってくれ」「はやく結果をおしえてくれ」

これが素直な気持ち。

終わりそうなところもあるし、もう少しなところもあるし、そんでもって落ちたとこもたくさんある。


結果待ちのところの結果を早く知りたいというのが一番強い気持ち。

それが気になって+そこが不確定だから、その他の作業に集中できない。

そんな感じがしていた。けどそれも言い訳かな。

通ってたパターンと、通ってなかったパターンを考えて、どちらにしても有効な手を今打てばいいだけの話なのに、両パターンを想像することからすらも逃げています。


ってことに気づかなかったくらい、アホみたいに不安定になってます。




前に進もう。

パッションは足りているか?と聞かれれば、足りてない気がする

同期の何気ない一言か、活を入れる一言か、「パッションは足りているか?」という言葉がとんできた。

足りているか?と聞かれれば、足りてない気がする。


足りてないもの。第一に思い浮かんだのは研究、そしてブログ。

どっちで足りてないとか、たぶんどっちでもよくて。

パッションってのは、人生全体のパッションととらえてもいいと思う。


つまり、こうやって、ブログを書くことでブログパッションを思い出すと、人生全体のパッションも湧いてくる。

研究で結果を出さないといけない状況だと、ついついブログを抑えがちになってしまうんだけど、ブログを情熱的にやることで、研究も情熱的にやれるようになると思うんだ。


パッション。

ずっと足りてなかったと思う。


ブログも研究も、情熱的にやっていこう。

エビバディパッション。